ITOSKI

イトスキ。糸好き。日々のこと。

アフガン編みでアクリルたわしをつくりませう

 

こないだからちょっと取り組んでいるのがアクリルたわし。
あ、作ったことあります~?
洗剤なしで食器ピカピカ!みたいに言われますが、どちらかというとピカピカには懐疑的。
わたくしは泥付きで購入したじゃがいもやゴボウなどのお野菜洗うのに使ってます。
いくつあっても便利ですよ。ね!
買う必要ないです。自分であっちゅーまに作れます。
可愛く作ると使う時に惜しくなるので、あんまり手間かけない方がいいんじゃないかな~。
(個人の意見です)
かぎ針でも棒針編みでもアクリルたわしは簡単にできますが、ここいらでちょっくら「アフガン編み」にチャレンジするってーのはいかが?
割としっかり目に分厚く編みあがります。ガシガシ洗える良いたわし(笑)
2色とか3色とかの配色にしても端がぐちゃっとならないし、(コツあります)
きちんと編みさえすればちゃんとした四角にできますよ。

↓動画作りました(アクリルたわし作るときのコツは動画の下)


鹿の子編み〔アフガン編み〕おおよその編み方

 

--閑話休題--

初めてアフガン編みに触れる方もおられると思ったのである。
そんで、ご紹介用にと動画を撮ってみたら、
撮影から編集までスマートフォーンでできちゃったではないか!
(クオリティは不問に処す)
昼間の仕事柄、モンスタースペックのPCでゴリンゴリンやるのに慣れてるもんで、
あんまり手軽でびっくりしたのであった。

--閑話休題おわり--

さて、アフガン編みでたわし作るときのコツ

  • 作り目の鎖編みは自分が思うよりもちょいきつめで
    作り目の鎖編みでたわしの幅が決まるので、鎖編みをゆるくしちゃうと段が増えていったときに幅の維持がしんどいです。
  • 行きはゆったり、帰りはきつきつ。
    アフガン編みはゆるゆると帰ると編み端がくるんと丸まるのです。思うに、行きの幅と帰りの幅が変わってしまうからなんだろうなぁぁぁ。
  • 行きはゆったり、帰りはきつきつ。
    しつこいようですが、限界ギリギリまできつくして帰るといいです。
    (動画をご覧くださいまし)
    もう1個の理由は幅の維持。きつきつにすると
    ファジーなゆるみ成分とかを考慮する必要がないので単純に目数×毛糸の幅でたわしの幅が決まる…と思うのです。
  • 左端(行きの最後/帰りの最初)はかけ目と2目一度でしっかりさせる
    動画でちょいと見づらいかもしれないですが、
    左端はいつも行きで「かけ目(拾う目はないのでひっかけるだけ)」帰りで「2目一度(かけ目と最後に拾った行きの目1個を同時に編む)」しています。
    これをやらないと、左端がふにゃふにゃするので、気持ち悪いです。
    ぜひ忘れずにやってください。

今回の動画では1色よりかわいいので2色の毛糸でやってます。
糸替えの雰囲気とか、動画で確認してくださーい。

あ、アフガンの針もたわしくらいだったら買わなくてもいいんじゃないかな…。
動画では「魔法の1本針」っつーやつ使ってますが、普通のかぎ針でもいいと思う。
竹のかぎ針のお尻をやすりで削って、穴を開けて紐を通してもできまする。
(ご要望があればお分けします~)
こんなの↓これは竹ひごから作ってるので細いけど。

https://www.instagram.com/p/Btvu_U8Frfs/

my knooking needle 「魔法の1本針」という編み方がありますな…。でも細い針が売ってないのよね。てなわけで作りました!竹ひごで(笑)ちーっちゃい輪編みも怖くなーい!日本以外ではknookingと呼ばれているようです。どんな編み方か知りたい方は↓こちらを見てね。https://youtu.be/ALSqDbj79pQ#knook #編み物 #DIY #日々のこと